アメリカ大統領就任式 低所得層、ラストベルト地域を救えるか?

公開日: : 最終更新日:2017/01/23   アメリカ , ,


スポンサーリンク

trumpdaithoryo アメリカ大統領就任式 低所得層、ラストベルト地域を救えるか?

どうしてこんな閣僚人事にしたんでしょうか?(53分頃からです)

とにかく真逆な思考を持った方ばかりをトランプさんは閣僚に指名しました。

とにかく、「この人でいいの?」と思える、

「100バーセントこの人にやらせちゃダメでしょ」と思える方たちばかりです。

まずは、国務長官にはエクソンモービルのCEO、エックス・ラーセンさんを指名、

この方、今現在、ロシアとの合弁事業を進めており、

シベリア、樺太で進行中です。

まさにロシアとベッタリの関係で

とてもロシアとの交渉事がアメリカ優位に進むとは思えません。

とうてい対立することは不可能でしょう。

更に、エネルギー省長官になったリック・ペリーさん、

この方はこんなことを言ってます。

「これまでエネルギー省はエネルギーを減らすことも、新商品を開発することもやって来なかったから、廃止すべきだ」と主張してきた人です。

ところが、実際のエネルギー省の主な役割は原子力発電所で使用する

核燃料を厳重に管理する役割をおっており、

核燃料を徹底的に安全管理するのがエネルギー省の役割であり、

そのことすら分かっていない人をエネルギー省長官に抜擢してしまったわけです。

これはえらい人をエネルギー省長官にしてしまい、

いざ動き出した段階で現場の職員と長官と温度差があまりにもありすぎて、

よからぬ方向に波及していかないか心配なところです。

更に更に、環境保護庁というのがあります。

スポンサーリンク

ここでは、環境保護のために企業に対して環境基準を満たすために、

いろんな規制を設け基準値を超えることのないよう

指導する役目をおっている官庁です。

ところが新しく着任するスコット・プルイットさんはなんと企業目線で、

企業の利益を最優先に、

様々な規制を廃止すべきだと考えている方なのです。

ちょっと「嘘でしょ」と耳を疑うような発言をする方々ばかりなのです。

就任演説でもトランプ新大統領が言ってましたが、

「アメリカン・ファースト」、「アメリカの利益」を最優先に考え、

まさにその方針に基づいた閣僚人事なのでしょう。

ところで、選挙中批判していたウォール街とゴールドマンサックスでしたが、

そのゴールドマンサックスの元社員を閣僚に据えたりしており、

ちょっと、言ってることとやってることが違う感を多分に感ぜざるおえず、

ラストベルト地域の低所得者層、白人の方々は裏切られた感は感じているように思います。

なにしろ既得権者ばかりをずらりと閣僚に据えたトランプ新大統領

選挙中の公約でもあった白人低所得層を見捨てることなく救うことができるのか注目されます。

気になる情報があって、イスラエルはテルアビブにあるアメリカ大使館をエルサレムに移すとトランプ大統領が言及しています。

このことについて元ロシア主任分析官 佐藤優さんは言います。

「これによって9.11以上のテロが起きる」と、大変危惧されるところです。

Toshlを洗脳したMASAYA、守谷香の実態を伝えるブログ

スポンサーリンク


関連記事

記事はありませんでした

コメントを残す

takanashisensyu
高梨沙羅のマスコミ嫌いは6年前の加熱した取材攻勢からだった

高梨沙羅選手がマスコミ嫌いになった原因 高梨選手はマ

kakukogekisotei
北から核攻撃その時の対処、特殊部隊に潜入されたら何が起きる?

北朝鮮問題で緊張状態が続く昨今ですが、 いざ全面戦争

kitakakuusakougeki
北朝鮮平壌で60万人が郊外に避難、親切に韓国在留外国人に通告

人間兵器と呼ばれる「北朝鮮 特殊部隊」度肝を抜く精鋭部隊で

americashiriakougeki
北朝鮮ふくよかなお兄さんを中立化する米国の作戦日本への被害

7日未明のシリアのアサド政権が化学兵器使用したと断定し、

miuradaichigramie
三浦大知、鳥肌物のボーカルとパフォーマンス、お笑いと料理好き

<引用元 https://www.youtube.com/

もっと見る

PAGE TOP