栗原類向き合う発達障害をOTHERSで学ぶ多くの悩める人達へ


スポンサーリンク

kurihararuiothers 栗原類向き合う発達障害をOTHERSで学ぶ多くの悩める人達へ

発達障害の方達が栗原類さんのトークで役に立つ内容はどんなことか?

先週(10月22日)の「OTHERS」ふかわりょうさんの番組にゲストで栗原類さんが出演されていて、

栗原さんと言えば、昨年、自身、「発達障害」であることを公表し大変な反響を呼びました。

その栗原さんが「OTHERS」に出演され語ってくれたことは、

「人それぞれいろんな障害がありますけど、私の場合はADDと呼ばれるもので、

集中して同じこを続けて行うことが難しいです。」という障害だそうで、

現在やってることを引き続き継続して行うことが苦手で

まったく別なことをやっているというようなことです。

また、音にたいしてもの凄く敏感で、

幼稚園や小学生の時、

合唱の練習での同級生の声に堪えられず、

教室から出ていってしまったんだそうで、

同級生には「あいつ勝手だな」と思われながらも過ごしてきた小、中学時代、

同級生や周りの大人に理解されず辛かったといいます。

まして、栗原さんに限らず発達障害を持つ人達は

「人の気持ちを理解することが苦手」なこともあり、

これは発達障害者全般にいえることだといいます。

更に感情が表情に出にくい面もあり、

母親から感謝の気持ち等を言葉でしっかり伝えなさいと言われていたそうで

そうしてきたそうです。

そんな栗原さんですが、

過去を振り返ると小、中学生時代が大変な時期だったといいます。

それは学校という非常に狭く窮屈と感じる場所で

小学校の高学年から中学3年間、

友達もいれば、そうでない同級生もいて

スポンサーリンク

一緒に何年も過ごすことが苦痛だった分、

小学生からやっていたモデルの仕事をやったいたので

そこに安心できる場所があったといいます。

それは何故かといえば、

自分と同じ年代の人達とのコミュニケーションばかりではなく

幅広い年齢層の人達とコミュニケーションすることで、

孤独感を感じることなく過ごしてこれたといいます。

栗原さんの場合、モデルをやってきたこともあり周りにいるのは大人、

自然とコミュニケーションしてきたことで

窮屈な思いはしてこなかったのだそうです。

要は学校という限られた中での生活だけでは窮屈で

自分の居場所も見つけ難いようです。

栗原さんがアメリカに居たとき学校の先生に勧められたのが、

コメディタッチのアニメだったといいます。

おそらく、先生の側からすれば表情を豊かにするためだとは思うのですが、

当時の栗原さんはこれに結構はまったそうです。

少なからず栗原さんには良い刺激となったのではないでしょうか。

そして、栗原さんから発達障害に悩んでおられる方々へのメッセージとして、

「頑張りすぎないでください」ということだそうです。

気楽に障害と付き合っていきましょうということでしょうか。

先ずは、10月6日発売の「発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由」

こちらの本を是非読まれてみては如何でしょうか。

Toshlを洗脳したMASAYA、守谷香の実態を伝えるブログ

スポンサーリンク


関連記事

記事はありませんでした

コメントを残す

takanashisensyu
高梨沙羅のマスコミ嫌いは6年前の加熱した取材攻勢からだった

高梨沙羅選手がマスコミ嫌いになった原因 高梨選手はマ

kakukogekisotei
北から核攻撃その時の対処、特殊部隊に潜入されたら何が起きる?

北朝鮮問題で緊張状態が続く昨今ですが、 いざ全面戦争

kitakakuusakougeki
北朝鮮平壌で60万人が郊外に避難、親切に韓国在留外国人に通告

人間兵器と呼ばれる「北朝鮮 特殊部隊」度肝を抜く精鋭部隊で

americashiriakougeki
北朝鮮ふくよかなお兄さんを中立化する米国の作戦日本への被害

7日未明のシリアのアサド政権が化学兵器使用したと断定し、

miuradaichigramie
三浦大知、鳥肌物のボーカルとパフォーマンス、お笑いと料理好き

<引用元 https://www.youtube.com/

もっと見る

PAGE TOP